熱や低温への影響を防ぐための対策とは?

熱の影響は見逃せない

近年では医療機器や防犯カメラなど、電気を使用する精密機械が増えています。各種熱によるダメージを受けてしまうと、不具合や故障の原因となりかねません。

新亜光学工業株式会社は、熱の影響を防ぐために製造や輸送時で最適な温度管理をします。できるだけ熱を出さないための荷物の積み上げや、エアコンを用いた温度管理を徹底。また、各作業工程で埃や汚れが出てしまうと、通気性が妨げられて熱を逃しにくくします。顧客に届けるまでに、細かいレベルでも汚れを落とす作業を欠かしません。

場合によっては輸送時に冷却アイテムの使用も。特に気候の変化が大きい海外の輸送となれば、頼れる味方になります。他には滑り止め対策もしており、落下や衝撃による故障のリスクも下げています。

低温の対策

精密機械や光学部品は、低温過ぎても不具合や錆発生といったトラブルが生じるリスクが出ます。特に各種20度以下の状態で管理をしていると過度な冷却をしている状態です。新亜光学工業株式会社では、対策の1つとして室内環境を20度以上に保てるように、エアコンなどで室温管理の徹底をします。

保管や輸送時の環境によっては、結露が生じる可能性があります。ダメージを受けると精密機械の作動が難しくなるでしょう。新亜光学工業株式会社は、小まめな換気もしますが、場合によっては除湿器や結露防止スプレーなどを用いて対策を図っています。

特に海外での輸送があれば、気候や海面水温の影響を受けやすく、管理が難しい面はあります。しかし、新亜光学工業株式会社は長年の経験を活かした品質管理のできる会社です。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top