先ずは品質管理が十分でないと顧客からの信頼が得られない

静電気のダメージは侮れない

精密機械が静電気の影響を受けてしまうと、電子回路の破損や誤作動といったトラブルが生じかねません。輸送時に起こりがちな問題の1つで、商品価値のない商品を届けるようになるため、顧客から信頼を損ねる原因となります。

静電気が起こる原因はいくつかあり、帯電した静電気が流れてしまうことで発生した熱が電子部品を破壊する静電破壊や輸送時の凍結や結露が原因で発生する凍結破壊も。他には、空気輸送でも衝突帯電が起こり得ます。他には、作業前に作業着のローラー掛けなどを行い、帯電のリスク対策をしています。

新亜光学工業株式会社では、精密機械の輸送時には静電気発生を防ぐために、輸送までの工程だけでなく、輸送時も天候や湿度の対策を欠かしません。細かな部分まで品質管理を徹底して、静電気発生のリスクを下げています。

できるだけ静電気を発生させないために

静電気発生は精密機械の品質を劣化させる原因となりかねません。新亜光学工業株式会社は、それを防ぐための万全な対策をしています。

作業室や輸送時の車内における湿度管理の徹底を欠かしません。1つの目安として、相対湿度が40パーセント以下だと静電気発生する可能性が増し、25パーセント以下だと起きるようになります。湿度が低くならないように空調面の対策を徹底。時には霧吹きや観葉植物設置もするかもしれません。

また、除電器の使用で対策も。性能が高い除電器であれば、1秒以内で耐電圧の除去が可能。精密機械を多く扱う新亜光学工業株式会社の場合、スピーディーに除電できれば不具合や故障が起こるリスクが下がるので、特にプラスとなります。他には、帯電防止剤を塗るなどの対策もします。

静電気発生を防ぐための細かな部分まで配慮を欠かさないのも、長年信頼されている理由ではないでしょうか。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top